在庫管理システム・クラウド14日無料のKOUGA SYSTEM

コウガシステムアイキャッチ
在庫管理から伝票作成まで低価格ですべてを一括管理
画像イメージ

在庫管理の劇的効率化を
実感出来る14日間!

1.
誰でも簡単な操作性

2.
納品書発行まで可能な
便利なクラウド型在庫管理システム

3.
物流会社が作ったからこそ
実現できた効率化

たった40秒の動画でわかる
KOUGA SYSTEMの
在庫管理システム

シンプルシステム・簡単操作・コスパアップ

在庫管理出荷管理納品書発行
全機能を1つにした低価格の
在庫管理システムで簡単一元管理

在庫管理出荷管理納品書発行
全て可能な
クラウド型在庫管理システム
導入することで得られる
6つのメリット

  • メリット01

    在庫管理システムメリットイメージ

    出荷による在庫データの
    人的エラーを防止

    在庫管理を行う上で、人的なエラーを起こしやすいのは出荷データを元に在庫を手動で引く作業です。その作業を手動で行う為、エラーが起きやすいのですが、在庫管理システムを利用することで本来手動で行う作業をシステム化を実現します。在庫管理システムは、出荷データを取り込むことが可能です。それにより自動で在庫が引かれ、在庫の引き漏れや間違いの防止になります。

  • メリット02

    在庫管理システムメリットイメージ

    送り状作成時の
    人的エラーを防止

    荷物を出荷する際必要になる、運送会社の送り状作成において、データの編集が必要な場合があります。在庫管理システムを利用すると、出荷指示データを元に、自動的に運送会社の送り状データの作成を行いますので、手動で制作するデータで起こりやすい間違いの防止になります。

  • メリット03

    在庫管理システムメリットイメージ

    必要項目のシステム化による
    作業の標準化

    KOUGA SYSTEMが管理・運用するシステムでは、在庫管理システムはもちろん、初回の導入時のヒアリングにて、必要な機能や出荷指示データの取込設定・各種出力資料の設定を行います。表示されている項目順に作業を行うことで、出荷管理で必要な資料作成から在庫引きが自動的にされます。

  • メリット04

    在庫管理システムメリットイメージ

    リアルタイム在庫の可視化

    インターネットのブラウザを利用したクラウド型の在庫管理システムとなっています。そのためURLにてアクセスを行い、在庫管理システムに対応した環境であれば、いつでもどこからでもリアルタイムで同じ画面を参照することが可能です。データの更新漏れや相違によるミスを防ぎます。

  • メリット05

    在庫管理システムメリットイメージ

    欠品の事前防止

    欠品時の作業手間として、欠品中の商品に対して出荷指示がされてしまうと、それに対してのキャンセル処理が発生してしまいます。クラウド型の在庫管理システムを利用し、出荷指示を取り込むことによって、各種出荷用データを作成する前に欠品している商品の、出荷のキャンセルが行えます。

  • メリット06

    在庫管理システムメリットイメージ

    コストの削減

    出荷データや在庫管理をEXCELやCSVを使用して管理すると、各種データの集計・加工・入力の手間がかなりかかってしまいます。在庫管理システムは決まった出荷指示のデータを取り込むことで、データを元に在庫引きや運送会社への取込データを自動的に作成します。低価格な在庫管理システムを活用することで人為的な作業が削減され、人件費の削減につながります。

KOUGA SYSTEMが
選ばれる5つの理由

選ばれる理由1

選ばれる理由1

コストダウン&簡単操作を実現!
無駄を省いたシンプルなクラウド型
在庫管理システム

当社の在庫管理システムは、処理画面を必要最低限にすることで、無駄な処理を省きシンプルな操作性を実現いたしました。無駄な処理を入れないことで、在庫管理システムのコストダウンを行い低価格でご提供しております。
在庫管理もロット管理、賞味期限管理、ロケーション管理も対応。出荷管理、在庫管理、納品書発行の必要な機能を抑えつつも、複雑な操作は必要ありません。

選ばれる理由2

選ばれる理由2

作業効率がアップ!クラウド型システムによる
複数拠点倉庫での在庫一元管理

KOUGASYSTEMの在庫管理システムは複数倉庫・ロケーション管理も行っており、在庫の一元管理も可能になっております。
初期の打ち合わせで出荷の際の送り状や作業指示書・納品書の並び順を決めていただき、同一商品をまとめて発行するので出荷時の梱包作業などの効率がアップします。
納品書発行も同在庫管理システムで行うことが可能です。
在庫管理システムとしては低価格ながらも、多機能でコストのいいシステムとなっております。

選ばれる理由3

選ばれる理由3

お客様に合わせて必要な機能だけを追加できる
在庫管理・出荷管理・納品書発行
カスタマイズオプション

在庫管理・出荷管理はもちろん、多数ある機能の中から、お客様との打ち合わせにて不要な機能を非表示にすることで、シンプルなメニューでご利用いただけます。
導入をしていない機能であっても、後程カスタマイズをすることで利用が可能になります。
例えば、納品書をテンプレート仕様のものではなく、お客様のロゴをいれたオリジナルデザインの納品書に変更するといったビジュアル面から、処理をしやすいよう組み合わせパターンを管理画面でつくるなどの機能面まで。
お客様が使用しやすく、より作業を効率化するためのオプションをご用意しております。トライアルで基本機能をお試しいただいた後、便利に使うためのご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

選ばれる理由4

選ばれる理由3

物流管理者様の
複数顧客管理に伴う作業の統一化

物流会社様のお客様単位でURLを発行しますので、一台のPCで複数のお客様の在庫管理システムが導入可能です。
そのため、物流会社様でのお客様が違っても管理体制及び在庫管理・出荷管理作業方法の統一化が図れます。
また同在庫管理システムで在庫管理・出荷管理だけでなく、納品書発行も可能です。
在庫管理から納品書発行まで、低価格ですべてを一括管理できるシステムです。

選ばれる理由4

選ばれる理由4

外出先からスマホでチェック
どこからでもアクセス可能なクラウド型
在庫管理システム

インターネットブラウザを使用したクラウド型の在庫管理システムで構築。
一般的にパソコンにインストールをしてオフラインで使用する在庫管理システムとは違い、外出先からでもスマホ一つあれば在庫管理チェックが可能です。

在庫管理システム比較

KOUGA SYSTEM A社在庫管理システム B社在庫管理システム
表示される
機能数
必要機能のみ 複数機能使用しない機能もあり 複数機能使用しない機能もあり
出荷業務にあった
出荷の各種データの出力順番
お客様に合わせた出力順番を、打ち合わせで決めます。 商品を絞りこみ作成し、複数のデータを作成します。作成ファイルの数だけ運送会社の発行を繰り返します。 取込された順番で発行され、送り状や納品書を出荷に合わせて並び替えます。
月額価格 低価格必要機能に絞った低価格でのご提供。 高価格多機能なため価格も高価。 高価格多機能なため価格も高価。

KOUGA SYSTEMの
在庫管理システムで出来ること

  • 在庫管理システム出来ることイメージ

    出荷情報管理

    • 出荷指示情報(受注データなど)取込・入力処理
    • 在庫との引き当て処理
    • 出荷作業に必要な情報の作成処理
    • 未出荷確認処理
    • 配送番号返却処理
  • 在庫管理システム出来ることイメージ

    在庫管理

    • 入庫作業処理
    • 在庫調整処理
    • 倉庫間移動処理
    • 在庫組合せ処理
  • 在庫管理システム出来ることイメージ

    返品管理

    • 返品情報入力処理
    • 返品商品在庫反映処理
    • 返品履歴検索処理
  • 在庫管理システム出来ることイメージ

    棚卸管理

    • 棚卸用資料作成処理
    • 棚卸情報反映処理
    • 棚卸履歴検索処理

更に在庫管理・出荷管理が便利になる
オプション機能追加

14日間トライアルで在庫管理システム、納品書発行等の基本機能をお試しいただいた後、
本契約前に必要なオプションを打ち合わせいたします。

  • オプション例01

    在庫管理オプションイメージ

    引き取り依頼管理

  • オプション例02

    在庫管理オプションイメージ

    入出庫スキャン

  • オプション例03

    在庫管理オプションイメージ

    出荷作業効率資料作成

在庫管理システムの料金表

初期設定費用

初期設定費用には、初月の月額使用料が含まれます。

在庫管理・出荷管理・入庫管理・納品書発行
全部コミ‼

月額料金10,000円

月額使用料

月額基本料金 10,000
使用可能機能 全て
倉庫拠点数 1拠点 拠点追加月額+1,000円(1拠点あたり)
出荷件数(一か月) 500件まで 500件を超える場合は、
1件当たり5円の従量課金(基本料とは別)

初期費用(初月月額使用料込)

初期設定費用 50,000

システム導入事例

導入事例

導入事例1

健康食品の定期販売
販促チラシの同梱作業効率の改善

★在庫管理システム導入前のお悩み

特定の定期回数や特定の商品に対して、販促チラシを同梱する作業がありました。しかし商品によって違ったり、同梱物が複数あると複雑な作業内容となり、同梱間違いや作業効率の低下がありました。

★在庫管理システム導入後の改善

在庫管理システムにて販促チラシの同梱定義を行い、出荷情報の各種情報を並び替えにて同一作業内容をまとめることで、同梱違いや作業効率がかなり向上しました。
また、同梱物の在庫管理も行えて、在庫数のずれも改善されました。
在庫管理システムが低価格なので、効率が上がった分利益はプラスになりました。導入してよかったと思います。

導入事例

導入事例1

通信販売(雑貨)
多数商品の出荷作業効率の改善

★在庫管理システム導入前のお悩み

多数ある商品の中から複数購入されるお客様が多く、1件ごとの作業を行わないといけない状況で作業効率が悪い状況でした。

★在庫管理システム導入後の改善

在庫管理システムにて同一商品パターン化をすることで、同じパターンを購入されているお客様をまとめて処理することで1件ごとの作業からまとまった件数の作業を行うことができ、作業の効率が向上しました。低価格なのに納品書発行もできるので、在庫管理・出荷管理の流れをこのシステムでスムーズに行うことが出来ます。

よくあるご質問

トライアルの申し込みから、どれぐらいで使用可能になりますか?
カスタマイズが無い状態であれば、お申込みから最短で10営業日以内にURLとID・パスワードの発行を行います。
カスタマイズがある場合は、カスタマイズの内容により使用可能日が変動いたします。
運送会社様の専用の送り状発行ソフトとの連動は可能でしょうか?
複数の運送会社様の送り状発行ソフトとの連動実績があります。
実績が無い場合でも、ご相談をさせていただき連動データのレイアウト次第で対応も可能です。
在庫管理はどの単位で行えますでしょうか?
ロット管理・賞味期限管理・ロケーション管理が行えます。また、商品情報へ入数管理を入れることでケースとバラの表示を行うことも可能です。
在庫管理・出荷管理とは別に納品書発行のシステムが必要ですか?
KOUGASYSTEMの在庫管理システムでは納品書発行を行うことも可能です。在庫管理、出荷管理、納品書発行を全て行うことが可能なため、コストを抑えた低価格を実現しながらも基本的な出荷管理の流れはひとつのシステムで行うことが可能です。
複数のパソコン、外出先でスマホから確認することは可能ですか?
クラウド型の在庫管理システムなので、複数のパソコンからアクセスすることができます。スマートフォンからも、データを閲覧いただくことが可能なため、いつでもどこでもリアルタイムに在庫を確認することが可能です。
14日間のトライアルで、在庫管理、出荷管理、納品書発行など全ての機能を使うことはできますか?
トライアルの期間中も在庫管理、出荷管理、納品書発行など。すべての機能をご利用いただくことが可能です。トライアル中も本契約後と同じようにご利用いただくため、トライアル開始前にカスタマイズ・初期設定を行っております。本契約後も、低価格でトライアルで使ったすべての機能をお使いいただけますのでご安心ください。
在庫と出荷を管理するシステムなので、納品書発行はオプション料金がかかりますか?
納品書発行も基本機能に入っておりますので、オプション料金はいただいておりません。低価格でのご提供となっております。納品書にオリジナルロゴを付けるなど、専用デザインに変更する場合のみ、オプション料金をいただいております。
KOUGASYSTEMはどのような企業ですか?
北九州に本社をおく株式会社KOUGAの系列でシステム開発を専門に行っています。物流システムの経験を元に、在庫管理、出荷管理を効率化するためのシステム開発を主に行っています。物流システムの経験があるからこその低価格でコストダウンを実現しております。

14日間無料トライアル

在庫管理システムが月額10,000円

無料トライアル開始
までの流れ

  • STEP01

    STEPアイコン

    お問い合せ・お申込み

    担当者より、2営業日以内にご登録いただいたアドレスへご連絡を差し上げます。

  • STEP02

    STEPアイコン

    初期設定・商品情報登録

    お客様より頂いた情報を元に、初期設定を行います。

  • STEP03

    STEPアイコン

    トライアル開始

    初期設定完了後にメールにて、URLとログインに必要なIDとパスワードをご連絡させていただきます。

トライアルサポート

  • サポート01

    STEPアイコン

    サポートマニュアル

    サポートマニュアルをメールの返信の際にお送りいたします。在庫管理、出荷管理、納品書発行など。基本操作が記載されています。

  • サポート02

    STEPアイコン

    電話サポート

    電話でのサポートも受け付けておりますので案内メールに記載してある担当までお問い合わせください。
    Tel.093-342-8795
    【受付日時】
    9:00~18:00(土日祝以外)

  • サポート03

    STEPアイコン

    メールサポート

    メールサポートは24時間受け付けております。3営業日以内に返信いたしますので、お急ぎの際はその旨ご記入ください。

14日間は完全無料で
お試しいただけます

在庫管理出荷管理納品書発行などの機能を全てご利用いただけます。
無料トライアル期間は『14日間』となっております。
自動更新ではございませんのでご安心ください。

お問い合わせ

以下の項目に必要事項をご記入後、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※必須 の項目は必ずご記入ください。

    お問い合わせ目的:※必須
    氏名:※必須
    会社名:※必須
    メールアドレス:※必須
    お電話番号:※必須
    業種:
    お問い合わせ内容:

    ご入力頂いた個人情報は、「個人情報の取扱いについて」の記載に基づいて適切に管理します。

    在庫管理に便利な考え方

    在庫管理システムとは?導入前にチェックすべきことは?


    ここまで見ていただいた方には、在庫管理システムの事がわかられてきてあるとは思いますが、念のためにおさらいです。
    そしてこの在庫管理システムを導入する前には、機能面であったり、ほかにいくつかチェックしたほうが良いことがあります。

    在庫管理システムは、在庫を適切に管理すしたり、業務を効率化するシステムで、在庫情報や入出庫情報などを更新したり利用するシステムの総称です。

    在庫管理は、いわゆる表計算ソフトのエクセルやスプレッドシートでも行えますが、商品数が多くなると情報の更新を正確かつ適切に管理することが物理的に難しくなります。

    また、在庫管理に失敗すると、在庫切れでの販売機会損失を生んだり、不要な過剰在庫などが発生しコストが増えてしまう事につながったりして経営にマイナスになったりします。

    先程申し上げたように、在庫管理は会社の経営に影響を与えるとても重要な業務要素のひとつとなります。
    その在庫管理から得られる情報を、適切なタイミングで、適切な情報を取得する事で、さまざまな商品販売に関する重要なツールと言えます。

    在庫管理システムの主な機能

    在庫管理システムの機能はその製品の設計や、目的によって変わりますが、基本の主要機能はある程度共通となる要素があります。

    • 在庫管理一覧機能
    • 入出庫管理機能
    • 検品管理機能
    • 返品管理機能
    • セット品管理機能
    • 在庫分析機能
    • 棚卸機能
    • データ抽出機能
    • マスター管理機能

     

    といった機能が、そういった共通的な要素です。

    以下は、先程の機能一覧より定義や考え方意味などをよくあるパターンより紹介致します。
    内容に関してはどれかの在庫管理システムを指すわけではありませんが、参考にはなりますので、ご覧ください。

    在庫一覧機能

    商品や資材などの種類別、または保管する場所別に現在の在庫数を管理する機能が在庫一覧機能です。
    保管する場所別というのは、扱う商品のサイズや重さ、条件などで、別の倉庫などに保管せざるをえないといった時が、事業としてはありえます。距離があるという事や、保管の仕方によっては、在庫の有無を人力で確認しようとすると、膨大な時間と人的雇用費用などがかかったりします。
    そういった要素を減らすという目的などでも、在庫管理システムを導入される一つだったりします。

    また、事業区分として在庫をカテゴリとして指定した条件で分類したりできる事も多くの在庫管理システムで採用されていたりします。キーワードなどで特定の商品を検索することもよくある機能です。

    ■よくある在庫一覧機能の使用例:

    製品番号などを元に出荷予定の製品の状況や、在庫の数を把握したり、特定の保管場所の在庫数をしたりなど。
    同じ商品でも発送先や販売先の傾向などによっては、複数箇所に在庫しておいたほうが経営的な時間の短縮などになったりします。
    こういった事が、在庫管理システムの最もオーソドックスな機能となります。

     

    入出庫管理機能

    言葉通りの管理機能です。
    仕入れ入庫する商品、製品、資材と、販売、または別倉庫への出庫する商品、製品、資材などを更新して記録し、履歴を残したりなどの機能です。

    ■よくある入出庫管理機能の使用例

    仕入れ時に入庫した商品をバーコードラベル、またはQRコードなどをによって、専用端末、またはスマホアプリなどで読み取り、在庫の動きを把握します。

    急遽需要が発生した際に、求められる数量があるのか?、販売発送した際にいつ頃にお客様の求める場所へお届けできるのか?なども、入出庫管理の機能によって把握しやすくなります。結果的に在庫の管理・把握の精度向上が、売上げアップや、業務工程の短縮が期待でたりします。

     

    検品管理機能

    実際に仕入れ発注したデータと、入庫する商品、製品、品目・数量に間違いがないか確認する機能です。
    できる限りミスが無いように、単純に数値化する読み取りの機能などと連動させたりシアス。

    ■よくある検品管理機能の使用例

    よくあるのが、各製品に貼り付けたQRコードや、バーコードラベルを専用端末やスマホなどで読み取ることで瞬時に、仕入れた物との相違が無いかの照合を行います。
    この検品管理機能があれば、在庫管理の商品違いなどのミスをいち早く確認できたりなど、商品の仕入れに関する効率化が期待できます。

     

    返品管理機能

    商品の販売をする以上、何かしらの理由で返品というのは発生します。
    その時に、入出庫履歴のデータを修正することで、在庫数の内訳へ注釈を入れたりする事で商品の現状を数字だけではなく管理する事ができます。

    例えば、返品自体が、未開封であれば、そのまま在庫へ復活という事でもよかったりしますが、開封後に商品の欠陥という事であれば、それは、商品在庫としてカウントするわけにはいきません。

    とは言え、そういった事が多くあると、どういう理由で返品になり、どういう対処を今後しなければ行けないというのが変わります。

    また、物によっては、保管しておく場所などにも困る場合もあります。
    その時は、一時的に保管したが、時間が経てば立つほど、どういう経緯でそこに保管しているのかなどがわからなくなってしまう場合があります。

    外見的に問題がない場合は、誤って商品の一つとして発送してしまう可能性もあります。

    そういう時に、返品の管理が適切になされてあれば、その管理表などを見るだけで、いつ、どういう商品が、どういう意味で返品となり、その後の対処としても予定などもわかれば管理する意識をずっとし続ける必要がなくなります。

    また、こういった返品処理というのは手作業でも行えたりしますが、どうしても管理に関する操作が複雑になりがちです。そういった事も、返品管理機能があれば、簡単に返品処理を管理することができます。

    ■よくある返品管理機能の使用例

    返品が発生した際に、簡単な操作や情報入力をする事で該当する製品がどういう状態になっているのかなどを修正できたり、その変更がおきた履歴などを残せたりします。
    時間が立った後などに、その理由やどうすべきなどの情報があれば、担当者が変わったりした時にどうすべきかなどもすぐにわかったりします。

     

    セット品管理機能

    製品をセット単位で管理できる機能です。
    商品を売る際には、2個単位で売る場合もあります。
    ですが、商品自体は1個単位でも売っていたりする。
    という場合、1個商品が売れた状態で、2個単位で売れる在庫状況へも変更がかかる必要が出てきます。

    そういった時にも、適切に分かりやすく画面上に表示がでたりなども、システムによっては合ったりします。

     

    ■よくあるセット品管理機能の使用例

    あらかじめ製品を構成する部品などを登録しておくことで、現在の在庫でどれくらいの製品を作れるかがわかります。
    卸売業などでは、セット商品に対応することもできます。

    製作・出荷できる製品の数量のほか、製品に必要な部品の数などがわかるので便利です。

     

    在庫分析機能

    この在庫分析機能というのは、過去のデータを日付や、曜日、時間、商品単体、商品の区分などに分けて、どれくらい売れていて現在何個残っているのか?、またはどれくらい返品になっているのか?
    といった様に、さまざまな分析を行える機能です。

    ■よくある在庫分析機能の使用例

    よくあるパターンとしては、隠れた売れ筋の商品を見つけ出したり、高利益商品の販売状況などを調べたり、在庫分析機能によっては、特定の商品が売れた際に、同時に購入されている商品でどれが一番売れているのか?、または、同時に売れている商品で、高利益商品はどれなのか?

    といった分析ができたりする機能があったりすることもあります。

    商品をセットにすべきなのか?
    セットにする場合に何個単位にすべきか?
    また、過去の出荷数や現在の在庫数を見て、次回の仕入れ時期や仕入数を予測したりなどもこの機能を元に情報を得ることなども可能です。

     

    棚卸機能

    棚卸機能は、棚卸作業を効率化する機能です。
    そもそも、在庫の管理として、棚卸しとして管理するかどうかなどのチェック区分さえしっかりしておけば、現状在庫管理ソフト上に登録してある商品は瞬時にでてきたりします。

    とは言え、一つ一つ改めて読み取ったほうが、現状としては正確な情報がでたりしますので、専用のバーコードリーダーや、スマホなどで、収集した情報をシステムへ送信することで、個数と金額などを集計できたりする機能です。

     

    ■よくある棚卸機能の使用例

    一般的には、製品や資材に取り付けたバーコードラベルまたはQRコード等を専用端末やスマホなどで読み込んで在庫データと実在庫数を照らし合わせて、情報に相違が無いか、あった場合に、どの商品の数量に違いがあるのか?といった情報を棚卸で得ることができます。

    すでに入力されてある情報からの一斉棚卸情報確認できたりします。

     

    データ抽出機能

    データ抽出機能は、在庫管理システム内のデータの中から必要なものを抽出する機能です。

    ・データ抽出機能の使用例
    抽出したデータをさまざまな用途で活用できます。在庫管理を見直したいときなどに便利な機能です。

     

    マスター管理機能

    マスター管理機能は、製品や資材、スタッフや顧客などのマスターデータを管理する機能です。
    当日対応したのはどこに所属する誰か?、検品作業はどこに所属する誰がしたのか?

    ■よくあるマスター管理機能の使用例

    例えば、営業部署との連携として言えば、商品の販売発送につながった、販売者は誰なのか?
    こういった、管理側と販売側の情報の連携ができれば、
    例えば、特定の商品の販売においては、一番実績が良い、または参考になる人材などの洗い出しも可能になります。
    そういった際に、数字が目立つ商品は、営業部署でも管理はしているはずですが、売上の3位以下程度で地味に利益を支えている商品などが合った場合、該当販売者の営業方針や、営業スタンス、営業マニュアルなどを、他の社員へ、共有することで、販売ノウハウの横展開をする事で、一気に営業部署全体の売上の底上げに繋げるなども、経営戦略として考えることができます。

     

    在庫管理システムの種類

    在庫管理システムの機能と、あわせて押さえておきたいのが、種類です。
    在庫管理システムには、大別すると下記の3種類が挙げられます。

    • パッケージ型
    • オンプレミス型
    • クラウド型

     

    機能を確認したうえで、目的に合わせて選ぶことが重要です。
    それぞれの概要を解説していきます。

     

    パッケージ型の在庫管理システム

    ソフトウェアを購入して、とくていのパソコンににインストールして使用するタイプの在庫管理システムです。

    ■よくあるパッケージ型の在庫管理システムの特徴や注意点

    パッケージとして作られているので、ある程度幅広い業態に対応できるようにされてあるのが特徴です。

    ただし、導入に関して手間とコストを抑えるメリットがある反面、利用できるのはインストールしたPCだけだったり、複数人で複数PCで使用することは難しかったりします。また、情報の格納場所がインストールしたパソコンになる場合が多いため、スマホやタブレットから情報を得る事ができなかったりします。

    物理的にスマホで、該当PCへアクセスする事でしか見れなかったりするわけです。

    また、汎用的に作られてあるので特定の事業に特化させたり、欲しい機能が足りなかったりも発生しやすいです。

    これらを鑑みるといわゆる、小規模的なビジネス向けになると言えます。

     

    オンプレミス型の在庫管理システム

    自社としてのサーバーにシステムを構築する在庫管理システムです。
    契約企業別にサーバーを用意したりする場合が多いです。

    ■よくあるオンプレミス型の在庫管理システムの特徴や注意点

    最大の特徴のひとつは、事業内容にあわせて、カスタマイズできる場合が多いという事です。
    また、コストはかかりますが、ゼロから開発する場合、自社のビジネスに完全に最適化した在庫管理システムを構築が可能です。

    ただし、先程申し上げたように、コストは高額になる事がほとんどです。
    月額利用料なども高額になりやすいという事があるので、月間に数千万の売上があるような事業や会社が利用するようなタイプです。

     

    クラウド型の在庫管理システム

    ウェブ上にセキュリティを伴って構築されたシステムをPCやタブレット、スマホなどで利用する在庫管理システムです。

    ■よくあるクラウド型の在庫管理システムの特徴や注意点

    コストと管理の手間を抑えられる点が魅力といえるでしょう。
    丁度よい感じの在庫管理機能が得られやすいのが特徴です。

    また、システムによっては月額数千円程度~数万円程度で利用できます。

    ただし、オンプレミス型に比べると求めたいカスタム自由度はどうしても下がります。

    また、インターネット回線や、サーバーに不具合が生じた際に使用できなくなるリスクもあります。
    そのかわり、インターネット回線に接続さえできれば、どこに居ても基本的には閲覧したり情報の更新なども可能になります。

    そのため、営業マンが現在の在庫状況を見る際に、在庫管理事務方のスタッフといちいち電話確認などをする必要がなくなります。

    商談中に聞かれた商品の在庫などもその商談中に確認ができたりも可能です。

    コウガシステムでは、このクラウド型の在庫管理システムを取り扱っています。

     

    運営企業概要

    在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

    社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
    本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
    URL http://www.kouga-logi.com/system
    TEL 093-342-8795
    代表者 代表取締役 信岡 勇喜
    事業内容 システム開発

    KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
    物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
    今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

    無料トライアルお申込み