出荷管理の機能一覧

在庫管理システムの主な機能(KOUGASYSTEM)

基本機能一覧

1

 

出荷指示情報入力処理

【機能概要】

  • 物流会社様へ出荷をしてほしい出荷指示情報の入力が行える機能になります。入力を行う情報は届け先のお客様の基本情報である、郵便番号・電話番号・住所・名前と出荷をしてほしい商品情報の入力が行えます。出荷先が複数あっても連続で入力が行えます。

【望める作業改善化】

  • 入力作業効率を上げる機能についてですが、届け先一覧情報とご依頼主一覧情報に事前登録をしていれば、番号だけでご依頼主と届け先情報が呼び出しされ、出荷を行いたい商品情報のみの入力を行うのみになります。
  • 弊社の在庫管理システムの概念としては基本的に出荷指示情報はデータ取込を行い、自社に送るなどのイレギュラーの場合のみ手入力を行うことを前提としてシステムの作成を行っておりますので、入力はある程度手間が発生してしまいます。

1

 

出荷指示情報取込処理

【機能概要】

  • 各種ショップの受注データや受注管理システムでまとめられたデータ・量販店様のEDIデータなど数多くある受注データを出荷指示データとして在庫管理システムへ取り込みが行える機能になっております。どのデータを取り込めるようにするかなどは、初回の打ち合わせで決めさせていただき、取り込み設定単位で取り込みが行えるようになっております。

【望める作業改善化】

  • 弊社の在庫管理システムは取込レイアウトを複数設定をすることができますので、複数のショップでレイアウトが違っても、それぞれのレイアウトで取り込みを行うことが可能となっております。複数の取り込み設定が行えることで、出荷指示データの加工などが一切行わずに取込が行えますので、データ加工で伴う無駄な作業や加工間違いなどは発生しません。
  • 出荷作業を行う為に必要な情報のみを取り込むようにしておりますので、エラーの発生率が少なくエラー対応が少ない状態で取り込みを行えるため、エラー訂正の手間がかかりません。
  • 複数のファイルをまとめて取込は行えませんが、取り込み情報を蓄積してまとめて出荷作業情報の作成を行うことは可能ですので、複数回取込でまとめて作成で出荷作業情報の作成手間が省かれ、送り状の作成もしやすくシンプルな運用が望めます。

 

・出荷指示情報取込処理

1

 

欠品情報確認処理

【機能概要】

  • 在庫管理システムへ取り込みを行った、出荷指示情報と管理している在庫情報を比較し出荷指示情報に対して在庫が不足している商品の確認を行うことができる機能になります。
  • 欠品している商品の出荷指示を選択してキャンセルが行える機能もあります。

【望める作業改善化】

  • 在庫管理システムへ出荷指示情報の取り込みを行った時点で商品在庫の欠品の確認が行えるため、出荷作業前に商品単位での出荷の可・不可の判断がつきます。その為、在庫がある分のみの出荷作業を行うことになりますので、出荷作業中に不足している在庫を探す(無い在庫を探す)という非効率で非常に時間の無駄になることがなくなります。欠品情報確認処理の機能は不足している在庫を探さないでよくなり、無駄な時間が無くなり出荷作業がスムーズに行えるようになります。
  • 出荷作業中に欠品で出荷ができないことが発覚したら発行している運送会社の送り状のキャンセルやお客様への報告などの作業も発生します。事前に欠品確認が行われることでそのような作業も発生しませんので、効率よく出荷作業を行えます。
  • 事前セット組の出荷時には欠品数量が最低でも事前セット組として作成をしないといけない数量との判断が行えます。事前セット組は多めに作ることができる空き時間があればいいのですが、忙しい時期などは必要数だけ作成したい時などには事前に必要数量の確認ができ、効率よく事前セット組の作成が行えます。

 

・欠品機能有り・無しでの比較

1

 

各種出荷作業情報作成処理

【機能概要】

  • 出荷作業を行う為の各種資料やデータの作成を行う機能になります。出荷作業を行う為の各種資料とは下記の4資料になります。
    1. 商品別トータルピッキングリス
    2. 作業指示書
    3. 運送会社の送り状発行用CSVデータ
    4. 納品書
  • 処理を行うことで同じ順番で上記の資料が一括で作成されます。

【望める作業改善化】

  • この処理機能では出荷作業で使用する各種資料が一括で作成されます。各種作成される順番も初回に打ち合わせをした順番で作成されますので、特に付合せ時に運送会社の送り状と納品書・作業指示書を探す手間がかかりません。
  • 作成される並び順番は出荷作業の効率化を考慮した方法で並び替えを行いますので、出荷作業の作業効率が向上されます。同一商品の出荷だけを最初にもって来る並びや同一組合せを最初にもってきたパターンなど、様々なパターンの並び替えが可能です。お客様ごとで合わせた並びが可能となっておりますので、物流会社様で複数のお客様で作業効率が向上されます。

1

 

配送番号反映処理

【機能概要】

  • 運送会社で発行した送り状番号に記載がある、配送番号を在庫管理システムへ反映させる処理になります。在庫管理システムを通してお客様へ配送番号を通知することができます。

【望める作業改善化】

  • 運送会社で発行した送り状番号を在庫管理システムへ取り込みを行うことで、全ての送り状の発行が完了したかの判断が行われます。発行漏れ等あった場合は、この時点で発覚しますので出荷対応漏れが未然に防ぐことができます。
  • 1件1件を手入力するのではなく運送会社のシステムから出力されるデータを取り込みを行えますので、入力の手間は発生しません。

1

 

出荷作業完了処理

【機能概要】

  • 在庫管理システムで出荷作業が完了したことを認識させる処理機能になります。
  • 出荷作業完了処理を行うことで、お客様へ通知する配送番号のデータ作成や実在庫引きが実施されます。

【望める作業改善化】

  • 出荷作業完了処理を実施する際に出荷日単位で行います。その出荷日に対して運送会社の配送番号が反映されていない等があった場合は出荷作業完了処理を行うことができないようにしております。お客様と物流会社様でのやり取りなどの漏れや、出荷作業の処理忘れなどがあり、出荷されていない出荷指示情報があった場合は、この時点でも発見・対応をすることがで出荷漏れを防ぐことができます。

1

 

出荷指示情報検索

【機能概要】

  • 在庫管理システム内で出荷指示が行われた出荷指示情報の一覧の検索が行えます。出荷指示情報は届け先・ご依頼主・配送情報(配送番号や個数・指定日など)・出荷を行った商品情報を管理しております。検索もそれぞれの項目の検索が可能で結果の一覧表をCSVでデータ出力も行えます。

【望める作業改善化】

  • 在庫管理システムがクラウドのため、外出先でも過去の出荷指示情報の確認が行えます。

 

弊社の在庫管理システムで処理を行う出荷指示情報についてはお客様と物流会社様でのデータのやり取りを可能な限り手間をかけないように在庫管理システムを開発しております。機能は多く見えるかもしれませんが、実際に運用するのはシンプルな運用になるようなシステム構成となっております。また、お客様と物流会社様のやり取りを行える前提でシステムの開発を行っておりますので、出荷漏れなどが事前に防げるような運用が行えるようになっております。

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み