他社システムとの連携について

事業者向けの在庫管理コラム

今回は弊社の在庫管理システムと他社のシステムの連携について紹介をさせて頂きます。

連動は基本的にファイル連携を採用しておりますので、導入初期のシステム的な基本設定(マッピング設定)のみでファイル連携の設定が行えます。

弊社の在庫管理システム基準でファイルのI/O(Input:取込 Output:出力)別にご紹介をさせて頂きます。

 

Input:取込

  1. 出荷指示情報
  2. 入荷予定情報
  3. 引取予定情報

 

Output:出力

  1. 各種運送会社送り状作成用情報
  2. 出荷実績配送番号情報
  3. 入荷実績情報

 

外部のシステムから、在庫管理システムへの取込ファイル連携(Input)

出荷指示情報

ネットショップであれば、各種ショップの管理画面より受注データのダウンロードが行えます。

出荷を行いたい受注データをファイル形式(CSVファイル形式など)でダウンロードをして、在庫管理システムへ取り込みを行います。

ネットショップ以外でも卸のEDIデータなどの出荷指示情報の取り込みなども行えます。

出荷指示情報は相手のシステムによって形式、レイアウトなどが違い統一されておりません。

弊社の在庫管理システムはファイルレイアウトの変換取込の項目のマッピング機能システムがありますので、初回設定時に出荷指示情報のマッピングをすることで、違うレイアウトでも出荷指示情報として取り込みを行えます。

また、マッピング機能があるため、決まったEXCELのフォーマットに入力した情報も出荷指示情報として使用できますので、手動でEXCELを用いて出荷指示情報を作成できますので、汎用性が高いです。

 

入荷予定情報

倉庫への入庫予定の情報を特定のフォーマットの形式で在庫管理システムへ取り込みが行えます。

複数パターン登録をすることも可能ですので、仕入れ元で複数のフォーマット形式でも対応が可能です。入荷予定情報は倉庫側での入荷時の確認のリストとして使用することで、仕入れ先の情報を元に実入庫の確認が行えますので、最終的に一連の流れで最終的な確認が行えることになり、効率及び品質の向上が望める機能となります。

出荷指示情報とお内情に手動でEXCELを用いて入荷予定情報を作成できますので、汎用性が高いです。

 

引取予定情報

倉庫で管理している商品在庫の引取を行いたい情報を特定のフォーマットの形式で在庫管理システムへの取り込みが行えます。

複数パターン登録をすることも可能ですので、担当者別で複数のフォーマット形式でも対応が可能です。

引取予定情報は倉庫側での引取ピッキングリストとして使用することができます。

最終的な在庫引きに関しても、引取予定情報を使用して在庫引きを行いますので、システムと実在庫との在庫連動の効率が向上します。

 

 

在庫管理システムからの出力ファイル(Output)

各種運送会社送り状作成用情報

各種運送会社の送り状発行システムへ送り状を作成するための送り状発行情報の取り込みファイルを作成します。

複数の運送会社を使用する場合でも運送会社ごとの取り込みレイアウトに合わせて作成してますので、複数運送会社でも対応できます。

また、出荷形態(宅配・メール便)などにも対応しておりますので、内部的には複雑でもファイル連動はシンプルな運用で行えるように複数のファイルの作成等の対応をしております。

運送会社側の送り状発行システムでは在庫管理システムより出力されたデータを取込、送り状を発行するという簡単な流れになりますので、扱いやすいファイル連携となっております。

 

出荷実績配送番号情報

運送会社の追跡番号をショップのシステムなどに反映させるための、ファイル連携用のデータになります。

こちらもショップのシステムや受注システムで取り込みファイルレイアウトが違います。

在庫管理システムで出力される場合は各種システムごとの対象データを指定されたファイルレイアウトにして出力されますので、運用は出力されたデータをそのままショップや受注管理システムへ取り込むだけで各システムへ反映されます。

こちらも複数のファイルにはなる可能性がありますが、シンプルな運用が行えます。

 

入荷実績情報

在庫管理システムへの入庫予定データ取込に対しての実績内容をファイルにて連携をするための連携ファイルになっております。

予定に対しての実際の倉庫での入庫状況はどうだったのかを実績として返すファイルになりますので、仕入れ先のシステムとの連動などに使用する連携ファイルになります。

こちらも手動ではなくファイル連携ができるのであれば、手動の手間などがなくなり効率と品質が向上されます。

 

今回は弊社の在庫管理システムと外部のシステムとのファイル連携のご紹介をさせて頂きました。

紹介させて頂きました通り、内容は複雑かもしれませんが運用はシンプルに運用できるようになっておりますので、初めて担当される方でもスムーズに運用を覚えることができるシステムとなっております。システムが大きくなると操作性も複雑になり、運用するだけでかなりの手間が必要となります。

弊社の在庫管理システムは運用する手間をなるだけ減らせるようシステムを開発しております。

ご興味がございましたら、お問い合わせをしていただきますようお願いいたします。

その際に詳しい内容のご説明をさせて頂きます。

 

今後とも弊社の在庫管理システムをよろしくお願いいたします。

 

在庫管理システムならKOUGA SYSTEM

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み