在庫管理・出荷管理システムを導入する6つのメリット

在庫管理システム導入の考え方やメリットデメリットについて

在庫管理も出荷管理も、まとめて管理可能なシステムを低価格でご提供しております、株式会社コウガシステムです。

今回はその在庫管理・出荷管理システムの6つのメリットをご紹介。

メリットその1 出荷による在庫データの人的エラーを防止

在庫管理を行う上で、人的なエラーを起こしやすいのは、出荷データを元に在庫を手動で引く作業です。
手動で行うその作業は、ミスの原因になりやすいことから、出荷管理システムを利用することで本来手動で行う作業のシステム化を実現。
出荷管理システムにて出荷データの取り込むことが可能となります。
それにより自動で引かれる在庫は、引き漏れや間違いの防止になってくれるでしょう。

メリットその2 送り状作成時の人的エラーの防止

荷物を出荷する際に必要となる、運送会社の送り状作成において、データの編集が必要となる場合があります。
出荷管理システムを利用することで、出荷指示データを元に自動的に運送会社の送り状データの作成を行うことが可能です。
手動で制作するデータで発生しやすい送り先間違いなどの防止が可能です。

メリットその3 必要項目のシステム化による作業の標準化

コウガシステムが管理・運用するシステムでは、在庫管理・出荷管理システムを効率よく運用が可能です。
初回導入時のヒアリングにて、必要な機能や出荷指示データの取込設定・各種出力資料の設定を行います。
表示されている項目順に作業を行うことで、出荷管理で必要な資料作成から在庫引きが自動的にされます。

メリットその4 リアルタイム在庫の可視化

インターネットのブラウザを利用したクラウド型のシステムを採用。
そのためURLにてアクセスを行い、システムに対応した環境であれば、いつでもどこからでもリアルタイムで同じ画面を参照することが可能です。
データの更新漏れや相違によるミスを防ぎ、円滑な業務をサポートします。

メリットその5 欠品の事前防止

欠品時の作業手間として、欠品中の商品に対して出荷指示かかった場合、それに対してのキャンセル処理が必要となります。
クラウド型の出荷管理システムを利用し、出荷指示を取り込むことによって、欠品している商品の各種出荷用データの作成前に、出荷のキャンセルが行えます。

メリットその6 コストの削減

出荷データや在庫管理をEXCELやCSVを使用して管理すると、各種データの集計・加工・入力の手間がかかってしまいます。
今回のシステムでは決まった出荷指示のデータを取り込むことで、データを元にした在庫引きや、運送会社への取込データを自動的に作成します。
出荷管理システムを活用することで人的な作業が削減され、人件費の削減につながります。

 

いかがでしたでしょうか。
今回はコウガシステムの在庫管理・出荷管理システムのメリットをご紹介いたしました。
導入することで一括管理を行い、全ての作業において効率化を実現いたします。
さらにコウガシステムなら驚きの低価格でそれらをご提供。

在庫管理システムならコウガシステムへとご相談ください。
まずは14日間のトライアルもございますので、ぜひお試しください。

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み