家具の在庫管理について

在庫管理システム導入の考え方やメリットデメリットについて

家具の在庫管理で面倒なのは、組み立て済みかそうでないか、また家具ごとに、高さ・横幅・奥行きなどの違いが多いことだと思います。
ジャンルごとの倉庫の片付けは、管理は楽になるけど、面積に無駄ができやすいですよね。

かといって、ジャンルではなく形やサイズで決めても、出し入れがしづらい、場所が分かりづらいというデメリットも…。

在庫数、出荷までのスピードを重視すると、お客様とのやり取りや、営業要素は上がりますが倉庫面積に無駄が出てしまいます。
できるだけ、倉庫面積の無駄を削って節約したいですよね。

家具のサイズ・重さが在庫管理の難易度を上げる要因に

このようなジレンマに陥るのは、家具の在庫管理だけではありません。
しかし、家具の場合は、商品が高額重さもある物が多いです。傷をつけないように気を付けつつも、迅速な入出庫が必要です。

そのため、家具用倉庫の家賃などが販売価格や販売数にも影響してしまいます。

値段を際限なく上げられるならば、家具の在庫管理を徹底し最適化する必要などありません。

倉庫を借りてそこに物を置く。
手書きでもいいから、何があるのかが分かればそれでいい。

その分の倉庫の家賃や、配送費用も全て商品の価格に上乗せすればいいからです。

ですが、そういう事をしていては上手くいきません。

「どうしたら商品の価格を下げられるか?」
「どうにかして商品の値上げを抑制できないか?」

という問題を考える必要があります。

家具の管理にかかるコストを下げるためにも、在庫管理システムを導入するという方法があるのです。

家具の在庫管理システムのメリット①【販売促進】

家具の在庫管理を導入する際に得られるメリットは、

・無駄な費用を減らせる
新たな販促へ繋ぐ為の提案力のアップ
・お客様への対応スピードを上げられる

主にこの3点です。

在庫の場所や状態が瞬時にわかり、早い提案ができる

そばにネット環境があるだけで、在庫の状態や特徴をいつでも、誰でも把握できます。
そのため通販の在庫管理も素早く行えますし、営業の際も、お客様に迅速かつ的確な提案が可能になります。

 

電話の問い合わせでも、お客様を待たせない

通販を行っている場合、商品のまとめ買いなどの問い合わせがありますよね。
その際も迅速に対応ができ、販売機会の損失を減らすことが出来ます。

 

家具の在庫管理システムのメリット②【コスト削減】

在庫管理システムを取り入れた場合、家具を効率よく収納できるようになります。そして、コストが大幅に削減できるというメリットもあります。

倉庫によっては、重ねていたり、パレットに積み上げていたり…いろいろ状況は変わるでしょう。

その際に、コウガシステムの在庫管理の場合は、

手動での在庫引きが不要なので手引きの手間がなくなります。
更に、シンプルな運用で家具の在庫がおおよそ画面上で確認が出来ます。

仕入れにより商品の収納箇所が変更された場合

仕入れを行った際に、今ある家具の在庫を少しずつずらしたり、置き場所を変えたりする事は頻繁にあると思います。

今しか仕入れられない、今しか安く仕入れられない、でも仕入れする数を求められるから大量に仕入れなければならない。

そういった時に、イレギュラー的に倉庫内を整理しなければなりません。
このような状況の時に、値下げなどで大量販売を行ったりする場合もあるでしょう。しかし、確実に新しい商品の仕入れに間に合うかはわかりません。

そうなったとき、倉庫にある家具の収納場所を変更することで、倉庫空間を最適化して、ある程度の許容量を確保するという作業も出てくるはずです。

この作業を行うとき、倉庫にいる人だけに任せてしまうと、その他の人々は倉庫の状況変化が把握できないですよね。

その方の人件費や、労働基準的な面を考えてみても、非常に好ましくありません。

また、倉庫管理の担当者を日ごとに配置する場合、人を増やさなければなりませんよね。
そうすると会社の雇用コストも上がってしまいます。

人が行うわけですから、伝達ミスや記憶違いなども起こりうるでしょう。

このようなことを防ぐために、コウガシステムでは家具の在庫管理としてこの様な機能を設けています。


クラウドデータ管理の機能です。場所を移動しても、画面上でどこの倉庫にどの家具が在庫としてあるのかがわかります。

 

また、在庫管理システムの機能として、入荷数量のチェック作業が行える「入庫作業処理」があります。間がかかる入庫入力作業が軽減され、作業効率が向上します。

 

在庫の増減、返品について

家具の在庫管理としては、在庫の増減、いつ返品が行われたかを把握することがかなり重要です。

ただ、物が大きいので倉庫が増えたりした際、遠方にあると人員の配置や確認に時間がかかりますよね。

ならば、最初から一つ一つの家具を在庫として認識させ、弊社の在庫管理システムを導入することで、一度設定を行っておけば問題ありません。
こうして設定を行うことで、家具の移動があっても、自社で管理している間は誰がどこにいても確認できます。

コウガシステムの在庫管理システムを導入することで、パート・アルバイト、正社員の人件費を減らすことができ、管理の精度とスピードも上げることができます。

人が行っていた作業をシステムに任せることで、その分ほかの作業にあたることができます。
たとえば、従業員の営業スキルを上げる、大口のお客様との接点を見つけるなど、従業員の内面的な強化を行うことも可能です。

そして、従業員自体の存在価値も高まり、一人ひとりの収入アップにも繋がります。それは事業会社自体の売上アップにも繋がっていくはずです。

コウガシステムの家具在庫管理システムの導入を検討されている方へ

家具の在庫管理において重要なのは、家具の管理場所や、仕入れに伴う場所の移動など。

また、それらの作業に付随するスタッフなどの人件費等になります。

この他にも様々な家具の在庫状況を管理する機能もございます。


1つは棚卸システムです。
ハンディターミナル等を使用しない前提での棚卸システムになりますが、可能な限り手間をかけさせないように考慮を行い開発を行っております。
棚卸実施用のEXCELを出力し、それをもとに商品在庫の在庫数の確認を行います。
そして、倉庫の棚に保管されている在庫数をEXCELへ入力をしていただき、在庫管理・出荷管理システムへ取り込みを行う、という手順になっています。

 


2つ目は在庫保管システムです。
委託元のお客様側で、出荷依頼は先になるがその分の在庫を別途保管(取り置き)をしたいことがあります。
そのようなときに、在庫保管用のデータを、在庫管理・出荷管理システムへ取込ませるだけです。本当にシンプルな作業で行える機能となっております。
手入力ではなく、保管処理が一括で処理が行えることで手間な手入力作業がなくなり、効率的に在庫の保管処理が行えます。
また、在庫不足に伴う販売の損失が少なくなります。

例えば返品管理といった機能も、ご利用いただいている事業者様からは好評を得ています。

 

このように、今回は家具の在庫管理について説明させていただきました。

導入することによって得られるメリットはたくさんあるということが伝わったのではないでしょうか。

コウガシステムでは、在庫管理システムの無料トライアルも実施しております。

事態を改善させたい!とお考えの家具販売を行っている事業者様、お気軽にご相談いただければと思います。
ご興味のある個人事業主の方や企業様、些細な事でも在庫管理について気になることがありましたら、ぜひ弊社までお問い合わせを!

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み