在庫管理システムの機能一覧から導入メリット

在庫管理システム導入の考え方やメリットデメリットについて

在庫管理システムは、煩雑な在庫管理業務を効率よく行うための機能が多数備わっています。昨今は情報管理のシステムだけではなく、倉庫管理から配送まで代行してくれるなどサービスは広がりを見せています。またシステムの提供はこれまでのパッケージタイプだけではなく、安価にクラウドで利用できるタイプも増えてきました。

新しいシステムの導入は、会社にとって非常に大きな変革となります。しかしサービスの充実や多様化が進むと、自社に最適なシステムを選ぶことが難しくなってきます。

今回は、弊社の在庫管理システムを導入するメリット・デメリットや機能、導入のためのポイントを再度ご紹介します。自社にあったシステム選びに役立てていただければと思います。

このブログで分かること

  • 在庫管理システムの機能
  • 在庫管理システム導入のメリット

こんな方におすすめ

  • 在庫管理システムを導入し業務の効率化を図りたい方

 

そもそも在庫管理とは?

在庫管理とは、タイミングに応じて在庫を必要な量だけ供給できる状態になるよう、適切に維持・管理すること。入庫や出庫の管理、出荷管理、棚卸しなどを行い、在庫状況を常に把握しておくのが基本です。

 

在庫管理システムとは?

在庫管理システムとは、適正な在庫管理を行うために、製品の情報や入出庫の情報を正確に効率よく把握・管理するためのものです。例えば、もっとも基本である在庫数の記録は、目視で行うと作業量が多く、ミスも発生しやすい作業です。しかしシステムを導入することで、バーコードや端末を使って情報を入力することができるなど非常に効率よく作業を行うことができます。在庫管理システムは業態や取り扱う製品に応じて、最適化された様々な機能が備わっています。また現場の作業効率だけではなく、記録されたデータを活用して会社全体の生産・販売戦略に活かす分析も行えるようになってきています。

 

在庫管理で発生しやすい課題

人為的なミス

在庫管理は手書きやエクセルなどの表計算ソフトを使用して行っている企業も多く、入力ミスや重複入力、チェック漏れ、データの改ざんなど人為的なミスが発生するおそれがあります。表計算ソフトでの管理はコストがかからなく、簡単に修正しやすいなどのメリットがあり、広く利用されていますが、その分入力のチェックなどは手動で行う必要性があり、データの信憑性にかけてしまいます。

リアルタイムの情報更新が難しい

表計算など使用して在庫管理を行っている場合は情報更新に手間がかかってしまうので業務を終えてからまとめて行うという企業も多く、リアルタイムの情報更新が難しいです。そのため、在庫データと実在庫にズレが生じたり、慌てて入力した結果数量を間違えて登録してしまったりします。また、在庫データの情報もリアルタイムでないため、販売損失にもつながります。

 

在庫管理システムで行えること

倉庫で行う以下の業務のマネジメントを支えることが可能になります。

  • ロケーション管理
  • 入出庫管理
  • 在庫管理
  • 納品書の作成
  • 棚卸管理
  • 帳票・ラベルの発行

入出荷・保管といった倉庫における「庫内物流」の正確性とスピードアップを図ることができ、具体的にはハンディスキャナーなどを活用して棚卸し業務を効率化したり、在庫情報を一括で管理することが可能となります。また、帳票やラベルの発行作業もボタン1つで行えるため、工数や人件費の削減につながるとても便利なシステムです。また、クラウドシステムのため、在庫のリアルタイムで更新されますので、販売の損失の防止も行えます。

 

在庫管理システムを導入するメリット

  • ミスの軽減
  • 入出庫作業の効率化
  • 人件費の削減
  • 出荷・発注作業の精度向上
  • 在庫状況の見える化

在庫管理システムはロケーションを確認しながら商品の出荷や確認作業を行うため、人為的なミスを減らすことができます。さらに在庫管理システムの出荷管理機能を活用すれば、出荷履歴や在庫数の修正などの工程をかけず短時間の対応が可能になるため、入出庫にかかる時間を短縮して人件費を削減する効果も期待できます。また、在庫を保管している倉庫現場からダイレクトに在庫情報をクラウドで反映できるため、不適切な発注や出荷指示を防ぎ、より少ない工程で作業時間を削減して、適正な人員を可能になります。入庫、ピッキング作業、出庫、在庫管理をシステム化し、倉庫内で働く人員の管理や人員配置の最適化をすることにより物流品質や生産性の向上につながります。

 

KOUGA SYSTEMの在庫管理システムは上記の全ての機能が含まれております。在庫管理システムはそれなりのコストや導入までの準備がかかることが一般的でした。弊社の在庫管理システムはコストは押さえ機能を応用してシステム構成が行えるため、導入期間も他社より早く導入が行えます。

在庫管理における様々な課題を解決できるとても便利なシステムとしてご提案させて頂けると思います。ぜひ検討のほど、よろしくお願いいたします。

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み