在庫管理システムの必要性・重要性について

在庫管理システムについて

 

在庫は、企業の持つ資産のひとつです。正しく在庫管理を行い、常に適切な在庫数や管理体制をキープすれば、生産性の向上利益向上につながります。

売上が好調だと在庫管理は後回しになりがちです。しかし、売れ行きが傾けば一気に問題が出てきます。そのため、在庫管理の必要性や重要性などを知ることは非常に大切なことなのです。

そこで今回は、在庫管理について在庫管理システムの必要性在庫管理システムの重要性について詳しく解説していきたいと思います。

在庫管理、在庫管理システムについて詳しく知りたい!という方は最後までぜひご覧ください。

 

在庫管理とは?

「在庫」というと、小売店が仕入れた商品などをイメージする方もいるかもしれません。しかし、そもそも在庫とは、商品在庫だけを指すものではなく、後に商品となって販売されることになる物の材料も含まれます。

たとえば、製造業では将来的に利用する可能性が高い原材料などを事前に購入して保有しておくことがありますが、これも「在庫」です。

それらの在庫が、「どこに」「どのように」「いくつ保管されているのか」を把握し、それが適切な状態であるかをチェックするために必要なのが在庫管理です。

適切な在庫管理を行わないと機会損失がうまれる恐れや、逆に無駄なコストや時間を費やすことになってしまうので、自社に合った適切な在庫管理を行わなければなりません。
そのため、企業にとって重要な要素の一つとなります。

 

在庫管理の目的

 

在庫管理の目的は、適正在庫を保つことです。
在庫を保有しすぎれば、不良在庫として無駄なコストが発生します。また、在庫が不足してしまうと機会損失を起こす可能性があります。
そこで、必要なときに必要な場所へ必要な量を提供できるよう、在庫が過不足なく最小限にある「適正在庫」の維持が大切です。
適正在庫を保つことは企業の利益の最大化にもつながります。

 

在庫管理システムはなぜ必要?

在庫管理は企業にとって重要な要素であることは理解していただけたと思います。
それを踏まえたうえで、在庫管理システムはなぜ必要なのかを見ていきましょう。

企業にとって適切な在庫管理をするために必要なことは、さまざまなシステムやツールと連携が可能な在庫管理システムを導入することです。
在庫管理システムの大きな目的は、ヒューマンエラーを防ぐことはもちろんですが、このほか無駄な製造や仕入れなどを避けて、適切な在庫数および状態を保つことにあります。

 

 

膨大な量の在庫を人の目だけで管理するのは限界があります。システムを使って在庫数などの情報をデータ化しておけば、常に正確な数字を確認できますし、売り上げ実績なども一目瞭然です。

アナログ管理の場合と比較すると、圧倒的な業務効率化につながります。紙ベースで管理している場合は手書きで記載し、商品や材料の在庫を管理しますが、システムで管理する場合は、1度入力したデータは複製や削除、変更が簡単に行えます。

また、多くの機能を搭載した店舗管理システムなど、様々なツールが開発されています。そして、これらのシステムが組織の課題解決につながるため、多くの企業が導入しているのです。
このような理由から在庫管理システムの導入をおすすめします。

 

在庫管理システムの重要性について

在庫管理システムの必要性について解説いたしました。次に、在庫管理システムを適切に使用することの重要性について、5つあげていきます。

 

生産性の向上

作業の効率化によって生産性を向上させることで、会社の利益を上げることができます。

在庫の把握がきちんと行われていないと、商品の発注においても適切な量が分からずに注文しすぎて必要以上に保管コストを費やしてしまったり、注文数が足りずに追加注文を行う必要があったりするなど、二度手間になってしまうこともあります。

さらに発注のミスにより過剰な在庫があると、目的の商品を探し出すのにより多くの時間を費やすことになり、棚卸などの作業においても非常に時間がかかるので業務効率が下がり生産性を悪化させる原因となってしまうでしょう。
しかし、在庫管理システムによって管理が徹底してきちんと行われていれば、こうした不要な作業を行う必要がなくなり、労働時間の短縮により、別の作業に時間を使うこともできるので、生産性の向上につながるのです。

 

会社の信頼性向上

在庫の数量管理を徹底して行えば、顧客のニーズに応じて商品をスムーズに出荷することができます。
期待にすばやく応えることで、顧客は会社を信頼し、より安心感を持って商品を購入し、サービスを利用するようになるでしょう。そのため、しっかりした会社ほど在庫管理には気を配っています。

 

需要予測の精度向上

在庫管理システムを導入すれば、過去の在庫データを蓄積していくことで、繁忙期の予測や時期によって必要な在庫数の算出が簡単にできるようになります。
確実性の高いデータが取れるので、適切な在庫をスムーズに確保できます。

 

管理コストの削減

 

在庫管理を人の手で行うには、多大な人件費がかかりますが、管理をシステム化すれば、それらのコストを削減できます。
また、在庫管理システムによって倉庫内の整理整頓が徹底されれば、余剰スペースを割り出すことができ、無駄な家賃や光熱費などの削減にもつながります。

 

キャッシュフローの改善

企業は仕入れた商品を加工して付加価値をつけて販売することによって利益を上げています。
在庫はあくまで在庫であり、販売して初めて利益を生み出すものです。つまり、在庫が在庫のままである状態は、仕入れのためにお金を払っただけで、売り上げの回収ができていないため、キャッシュフローはどんどん悪化していきます。
在庫管理システムを使用することで、適切な量の在庫を管理して、キャッシュフローを改善させることが可能になります。

 

まとめ

 

今回は、在庫管理の目的、在庫管理システムの必要性や重要性についてご紹介いたしました。
現在、在庫管理について不安を感じている方、ぜひ在庫管理システムの導入をご検討ください。
弊社は、お客様が最大限の利益を得られるよう、最大限のサポートをさせていただきます。

コウガシステムでは在庫管理システムのトライアルも可能です。
トライアルは無料で出来るので、もしご興味のある個人事業主の方や企業様はぜひ一度ご相談くださいませ♪

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み