健康食品の在庫管理システム導入に伴う効率化するクラウドシステム

在庫管理システム新規導入

現在、健康食品の在庫管理・出荷管理では多種多様な管理方法が求められております。
弊社、KOUGA SYSTEMでは今までに数多くの健康食品のへの在庫管理・出荷管理システムの導入実績を誇っております。

今回は多種多様にわたる健康食品の在庫管理・出荷管理に対して、効率化が行えるシステム機能のご紹介です。

 

【効率化1:納品書の付け合わせを劇的効率化!!】

健康食品の在庫管理・出荷管理には必ずと言っていいほど、納品書の付け合わせが必要になってまいります。

納品書の発行を別のシステムで行う場合には以下の手順を押さえる必要があります。
1.運送会社の送り状の発行順番などを納品書に合わせる
2.別システムで発行された納品書の順番に合わせて、梱包作業や運送会社の送り状の貼り付け作業を行う
これでは、なかなか理想的な効率よく梱包作業(同一商品のみの梱包作業を行うなど)が行えません。
むしろ逆にかなりの手間が発生し非効率になってしまいます。

また、効率がいいと思われる、梱包作業を考慮した場合は、運送会社の送り状の発行順番を行うが、別システムで発行された納品書との順番が違うため、納品書を探して運送会社の送り状と付け合わせをすることになり、こちらもかなりの手間が発生し非効率になってしまいます。

 

その点、弊社の在庫管理・出荷管理システムの場合では

・納品書の発行
・運送会社の送り状発行システムへ取込を行うデータの作成
・梱包作業を行うための作業指示書の発行

が全て在庫管理・出荷管理のシステムで一元管理することが可能となっております。
その為、梱包作業効率を考えた、運送会社の送り状及び納品書の発行が同じ順番で行えます。
それにより、運送会社の送り状と納品書の付け合わせ作業の効率化と、梱包作業(同一商品のみの梱包作業を行うなど)の効率化も行えることで、2重の効率化による作業効率化の向上が望めます。

 

 

 

【効率化2:販促物同梱の在庫管理・出荷管理の効率化!!】

営業には欠かせない販促物(チラシ)の同梱作業が健康食品の在庫管理・出荷管理にはあり、多種・多様な販促物の種類や同梱をする条件が複雑化されております。

同梱条件として、
1.定期購入の回数や特定の出荷商品を条件にする。
2.あるいは販売ショップ別などを条件にする。
と複雑化されてきております。
上記に加えて資材まで在庫管理をすると在庫を計算しながらの梱包作業をおこなわないといけなくなり作業が非効率になってしまいます。

弊社の在庫管理・出荷管理システムは
・定期購入の回数を条件にする。
・特定の商品を条件にする。
・販売ショップを条件にする。
特定の条件でどの販促物(チラシ)を同梱するかを在庫管理・出荷管理システムへ登録することができ、全ての作業指示書へ販促物も記載されるようになります。運送会社や運送会社の出荷形態での資材管理も可能です。

また、販促物(チラシ)や資材の在庫管理も行え、自動的に使用された数量が引かれますので、在庫数を意識せず梱包・出荷作業を行えますのでかなりの作業効率化につながります。

 

 

 

【効率化3:賞味期限・ロット番号管理の効率化!!】

健康食品の在庫管理・出荷管理では欠かせない、賞味期限・ロット番号での管理が必要になります。
同じ商品だが、賞味期限・ロット番号が違うため、同じ商品でも在庫管理上は別在庫として管理しないといけません。

同じ商品として管理していたら、賞味期限が古い商品在庫が残っているのに新しい商品在庫から出してしまい、賞味期限を迎えしてしまい、使えなくなったなどの在庫の損失にもかかわって来ます。

弊社の在庫管理・出荷管理システムは、賞味期限・ロット管理番号の管理も行えます。
賞味期限については、賞味期限に対しての出荷可能日の設定も行えますので、賞味期限切れの出荷を間違えて引き当てがかかることはありません。
また、賞味期限は出荷可能日で且つ、賞味期限が古い順番で引き当てがかかるので、先入れ先だしが自動的に行われますので、在庫を意識せずに、古い賞味期限から出荷作業が行わえることで、作業効率化且つ、賞味期限に伴う在庫の損失防止にもつながります。

 

 

 

【効率化4:出荷商品組合せのパターン化にともなう作業効率化!!】

弊社の在庫管理・出荷管理システムは、出荷商品の組合せのパターン化が行えます。

出荷100件の中にA商品やB商品、C商品などバラバラで出荷指示が依頼されます。各商品をバラバラにピッキングや梱包作業を行うことはかなりの非効率になってしまいます。

出荷商品の組合せのパターン化とは100件中に、A商品を5個出荷しないといけないお客様が30件ある場合は
30件の情報が先に送り状や納品書が印字されますので、最初の30件を同じ作業を繰り返すだけで3割の梱包作業が完了されることになります。

同じ作業はまとめて梱包作業ができることで作業効率化につながります。

 

 

 

 

 

 

今回は健康食品の物流に対しての在庫管理・出荷管理システムでの作業効率化をご紹介いたしました。
現在は時代の流れとともに、お客様のニーズに合わせて行くことで多種・多様な作業が多くなってしまっております。

KOUGA SYSTEMでは、在庫管理・出荷管理システムを使用していただくことで、どのようにお客様のニーズに合わせれるかを日々考えシステムをより良くし、また使いやすくなるよう誠心誠意考え、開発をしております。

在庫管理システムならコウガシステムへとご相談ください。
まずは14日間のトライアルもございますので、ぜひお試しください。

運営企業概要

在庫管理システム クラウド 在庫管理 コウガシステム

社名 株式会社KOUGA SYSTEM(コウガシステム)
本所在地 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-10-2
URL http://www.kouga-logi.com/system
TEL 093-342-8795
代表者 代表取締役 信岡 勇喜
事業内容 システム開発

KOUGA SYSTEMは北九州の物流会社から生まれた、システム開発の会社です。
物流システムを効率化するため、在庫管理・出荷管理から納品書発行まで網羅するクラウド型の在庫管理システムを開発いたしました。
今後とも、お客様の事業が効率化できるようシステムの飛躍・新しい開発を進めるべくスタッフ一同邁進してまいります。

無料トライアルお申込み